『頭ではダメだと分かっているが、頑張った時だけ褒めて、ダラダラしていると感情的に怒ってしまう。』

という保護者の悩みや相談は多い。

 

「頑張っている」「ダラダラしている」というのは、真実では無い。

あくまで親の主観・そのタイミングでの捉え方に過ぎない。

 

 

自分の個性を認められ、フロー(心身を最大限使った超集中状態)を満喫した後に、

子ども達は自分の心身の活かし方を知る。

 

 

『面白くもない知識や情報を自分の中に詰め込んで、一体その先に何が待っているのか?』

という疑問を、子どもは感じている。

 

右肩上がりの高度経済成長期ならいざ知らず、

これからの時代、誰かの中の正解を覚えるだけでは生きていけない。

 

自分自身で『最高の自分、充実した自分』を追い求める力をいかに育むか?

それは、あきらかに 『遊び』の中にこそある。

 

もちろん、大人が作った小さな枠組みの受動的ゲーム機は、『遊び』の内に入らない(笑)

 

竹水鉄砲で大人も子どもも関係なく合戦!!これぞフロー状態★

竹水鉄砲で大人も子どもも関係なく合戦!!これぞフロー状態★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなお話も 10月28日(土)の子育て講演会では したいと思います。

詳細は、こちらの記事から★