盲目の子ども達の詩や作文を記した絵本。

『雨のにおい 星の声』

絵本『雨のにおい 星の声』

絵本『雨のにおい 星の声』

30年前に発行され数々の賞を受賞されたこの本を 最近購入した。

 

 

目に見えない大切な感覚や世界観、

自分と他人は 全く異なる視点・個性・感覚を持っているのだということ

否応無しに認識させてくれる。
風に様々な形をつけて 風となかまになって遊ぶ子、
微かな音を聴き モノに生命を感じ取る子、
バラの花の香りをフルートの音色みたいと喩える子。

 

まだまだ僕らには見えていない素晴らしい世界が、
この世にはたっぷりあるようだ。

 

そう思えることは、なんて幸せなことだろうか。